枠組足場

数ある工法の中でもオーソドックスな部類に入る枠組足場は、基本部材を組み合わせて仕上げていく工法です。
プレースや布板といったものを一体形成された建枠に組み合わせることにより、高い安全性を保てます。

組み立てられる高さの原則は地上45mで、現場の状況に合わせて柔軟に対応できるのも特徴です。

■ 枠組足場の特徴

○建枠の種類が豊富

標準枠(枠巾900mm以上)・簡易枠(枠巾900mm未満)・拡幅枠といった形で、寸法によって3種類に分けられます。
主なインチサイズの寸法例は、巾914mm×高さ1,700mmというもの。
枠巾は1,219mm・914mm・610mm・410mmなどがあり、他にもメートルサイズのものもありますので、実際に働かれた際は見てみてください。

○頑丈な鳥居型建枠

鳥居のような形に一体形成された建枠は頑丈で、高層ビルの足場をはじめ、多くの現場で採用されています。

一覧ページに戻る