仮囲い工事

工事期間中、現場や資材置き場などを囲うために行われるのが、仮囲い工事です。

作業に関わる場所とそれ以外の場所との区画を明確化し、関係者以外の立ち入り禁止や盗難防止、資材や粉じんの区画外への飛散防止などを目的として行われます。

■ 設置基準

仮囲いを行うには、設置基準を守らなければなりません。
以下、建築基準法施行令 第136条の2の20 仮囲い より

“木造の建築物で高さが13m若しくは軒の高さが9mを超えるもの、又は木造以外の建築物で2以上の階数を有するものについて、建築、修繕、模様替又は除却のための工事を行う場合においては、工事期間中工事現場の周囲にその地盤面(その地盤面が工事現場の周辺の地盤面より低い場合においては、工事現場の周辺の地盤面)からの高さが1.8m以上の板塀その他これに類する仮囲いを設けなければならない。”

株式会社岡本組ではこうした法令を遵守し、適切な足場工事を行っています。

■ 転倒・崩壊対策

仮囲い工事では、転倒や崩壊対策も重要なポイントです。

○地面が土・砂利・アスファルトの場合

単管パイプなどでパイプ組みを行い、控え補強用の単管パイプを2mピッチで確実に設置。
表面板を組まれた骨組みに設置する場合、金物等を使用し、吹き上げ防止の対策を行います。

○コンクリート面やタイル面、既存床を損傷させたくない時

地盤面にパイプの打ち込みができない場合、下地骨組用の基礎を設置し、骨組を作ってから表面材を設置します。
下地骨組用基礎は、規格コンクリート品・H鋼材などの重量物を使用しますが、控えパイプは確実に行います。
また改修工事の際には、既存の建物から控え補強をすることも可能です。

一覧ページに戻る