タワークレーンの組立・解体

待ちでよく見かけるタワークレーン。
使用前のクレーンやリフトは細かく分割されており、現場で組み立てやクライミング、解体が行われています。

組み立ての順序は細かく定められており、クレーンやリフトの大きさ、組み立て方、クライミングの方法を現場ごとに変更しなければなりません。

■ クライミングの仕組み

タワークレーンのクライミングは、クレーン本体がマストを昇る「マストクライミング」と、工事の進捗に合わせて組み上がる鉄骨を使用し、ベース架台を盛り替える「フロアクライミング」の2種類があります。

○マストクライミング

ベース架台を地上に設置し、最長部に随時マストをつぎ足しながらクライミングする工法です。
一般的なビルや超高層マンションなどの建築で度々用いられています。

○フロアクライミング

工事中の鉄骨を利用してベース架台を盛り替えながらクライミングする工法。
超高層ビルで使用されますが、マストクライミングとは異なる点として、フロアクライミングが可能なタワークレーンは一部に限られているということが挙げられます。

一覧ページに戻る